ホーム > 賀茂泉酒造

純米醸造へかける賀茂泉酒造

賀茂泉の酒

「さすたけの 君がすすむるうまさけにわれ酔いにけり そのうまさけに」
良寛 歌 海雲 書

明治44年(1911)前垣寿一(初代)は父親が営んでいた米穀卸から23歳の時、 志を立て酒造業を興し、大正元年(1912)、前垣酒造場を創業。 酒名は地名の「賀茂」と当蔵所有の山林にある山陽道の名水「茗荷清水」を汲んで 酒造りをしたことから、「賀茂泉」と名づけられました。

2代目前垣寿三は戦中に失われた本来の酒造りの復活を目指し、 昭和40年(1965)から米、米こうじのみの酒造り(純米醸造)を始めました。 試行錯誤の末、昭和46年(1971)、「本仕込賀茂泉」を発売。 純米醸造のパイオニアとなりました。 この頃昭和43年(1968)から増田幸夫が杜氏として迎えられ、 賀茂泉純米醸造の技術の礎を築きました。 現在は新谷寿之杜氏へと技術は引き継がれています。

蔵の中での作業風景 3代目前垣寿男は昭和50年頃からの第1次地酒ブームと合わせ、 日本全国へ純米醸造酒普及のため精力的に活動し、 「純米の賀茂泉」の名を全国に広めました。 現在、純粋日本酒協会・代表幹事、西条酒造協会・理事長として賀茂泉だけでなく 純米醸造酒、西条酒の発展のためにも努めています。 また近年、賀茂泉は日本国内にとどまらずアメリカをはじめアジア、 ヨーロッパと海外にも輸出され、世界中の人々を楽しませています。

広島杜氏伝承の三段仕込を忠実に守りながら、厳選された米を手造りで醸す賀茂泉は 活性炭素ろ過を行なわず、芳醇で豊かな味わいと美しい山吹色した酒として親しまれています。

会社概要

会社名
賀茂泉酒造株式会社
所在地
〒739-0006 広島県東広島市西条上市町2番4号
代表電話
082-423-2118
FAX
082-423-9217
代表者
代表取締役社長 前垣壽男(まえがきひさお)
杜氏
新谷寿之(しんたにとしゆき) 広島杜氏組合所属
賀茂泉酒造 酒泉館 藍泉館 賀茂泉館 蔵見学について 関連リンク お問合せ アクセス