ホーム > おいしい酒肴一覧 > おいしい酒肴詳細

賀茂泉の蔵元がお奨めする酒肴やレシピのご紹介

筍をお酒で そして お酒に?

筍をお酒で炊く?
そんなに不思議なことではありません。
お酒で炊いた筍は見事にお酒の肴に変身します。

【作り方】

○まず 筍は手に入れたら出来るだけ早くぬかを一つまみ入れ湯がきそのまま冷まします。
○1−1.5センチ位の厚みに切り 鍋に入れます。
○筍がひたひたになる位酒と水を1:1の割合で入れます。
○出し昆布を10センチ角位一枚入れ 鰹削り節もお茶のパックに詰めて入れて煮たてます。
○筍の量にもよりますがお吸い物の濃い目の味位の塩を入れ煮込んで味付けします。
○最後に薄く香りをつけるつもりで醤油を入れます。

○そのままでも勿論召し上がられます。
○もう一度濃いめの出しでワカメとともにさっと煮ると木の芽を添えれば若竹煮です。
○上のほうの姫皮を細く刻んで酢味噌で合えたら箸休めになります。
 酢味噌の美味しいのは自分で作ることです。
 白味噌 砂糖 米酢をまず同量ずつ混ぜてみて味をき き自分好みに調えます。
 溶きからしを加えてもいいでしょう。
○硬い根のほうは下ろしてあるいはフードカッターで細かく刻み小麦粉をつなぎにして団子にして油で揚げるといただきやすくなります。
 あるいは玉子や山芋を少しすって加えるとたっぷりめの油で薄く焼くと食べやすくなります。

○木の芽和えやてんぷらにしてもいいでしょう。
 酒で炊いておくと色々変身可能です。
 砂糖で味をつけないとお酒が飲める料理になります。 

お問合せ 記事一覧を見る
賀茂泉酒造 酒泉館

酒泉館からのお知らせ
(2017.03.14 更新)

藍泉館 賀茂泉館 蔵見学について 関連リンク お問合せ アクセス